HOME>不動産に関する税金

不動産に関する税金

不動産を取得した時 印紙税(国税) 土地や建物を購入する時、売買契約書を取り交わします。この契約書には必ず印紙を貼って、消印をします。これが印紙税の納付です。
登録免許税
(国税)
土地や建物の不動産を取得すると、自分の権利を明らかにするために登記をします。この登記をする時にかかる税金が登録免許税です。
不動産取得税
(地方税)
土地や建物を取得した時に、その不動産の所在する都道府県が課する税金です。住宅を新築、増改築した時も、不動産取得税の対象となります。
相続税(国税) 相続や遺贈(遺言によって財産を与えること)などによって、土地や建物を取得した方にかかる税金です。
贈与税(国税) 個人から不動産や現金などの財産を無償でもらった時に,もらった方にかかる税金です。又,個人から著しく低額で財産を譲り受けた時や、債務を免除してもらった時なども贈与税の対象となります。
所得税の
住宅ローン控除
(国税)
税金は納めることが通例ですが、中には戻ってくるものがあります。それが住宅ローン控除です。
不動産を売った時(個人) 所得税(国税)
住民税(地方税)
不動産を売却して利益(譲渡益)がでると、その利益に対して所得税と住民税がかかります。
不動産を持っている時 固定資産税
(地方税)
土地や建物など固定資産を所有している方にかかる税金です。
都市計画税
(地方税)
原則として都市計画法による市街化区域内に、土地や家屋をお持ちの方にかかる税金で,都市計画事業又は土地区画整理事業に要する費用に充てられます。
ページトップへ