HOME>土地・空家の有効活用

空地・空家の有効利用

売却できない空地や空家の不動産を持っており、固定資産税・都市計画税・草刈などの維持費がかさみ、経費ばかりかかってしまう。現在、使用されていない不動産でこの様な悩みはありませんか?

  • 未使用の土地、又は誰も住んでいない家・マンションを持っているが貸すのは不安だ。
  • 遠方に先祖伝来の土地・古家を持っているが、全く使用されていない。
  • 会社で所有する空地、工場跡、寮などが遊休の状態となっている。
  • 転勤等で自宅を放れるが、将来は戻ってくる可能性があるので他人に貸せない。
  • 共有名義の不動産を持っているが、各共有者の意見が合わないため何もできない。
  • 今持っている不動産を使い、老後に備えて安定収入を確保したい。

まず考える事は、その不動産を将来どのようにしたい?将来どの様な状態であって欲しい?と言うことです。その将来の姿に応じ活用や運用方法も異なり、結果として収益やリスクも変わります。土地をどのような状態にしたいか?建物をどのようにしたいか?これは、相続対策か?遺産分割か?納税資金準備か?相続税の節税対策か?あるいは、売却による換金と他の投資資産への転換か?更地の収益性の向上か?老後資金や生活資金の確保?遊休不動産の活用?狭小・小規模宅地の活用?
目的が不明確な不動産活用は、将来に不都合が生じると共に思わぬ出費を招く事もあります。将来の目的と地域性に合致した的確な計画こそが、まさにお客様の不動産を最大限に活かす方法です。

空家を所有されている方

◆貸家にしては如何ですか?

平成12年より、賃貸する期間を予め設定することが出来るようになりました(定期借家法)。この法律により、空いている家を空いている期間だけ貸すことが出来ます。以前のように”一度貸したら、なかなか返してもらえない・・・。立ち退き料がかかる・・・。”と言った問題が無くなりました。
弊社の入居者募集業務賃貸管理業務の併用により、一切の煩わしいオーナー業務も不要です。

◆建物解体後、空地として運用されては如何ですか?

古い建物の賃貸は、賃貸後雨漏りや水周りの補修を要求される事があり、思わぬ出費を招く事となります。空地にすれば、建物補修に対するリスクが無くなると共に、活用のバリエーションも増やす事ができます。

空地を所有されている方

◆企業や個人に借地として一括貸しは如何ですか?

借り入れが不要で、節税効果も高い上、保証金も手に入ります。“一度貸したら返してもらえない・・・”と心配な方は、期間を限定できる定期借地権の利用をお勧めします。この契約方式により、設定した期間の終了と共に、貸した時と同じ状態で土地の返却が受けられます。

◆駐車場・コインパークを経営しては如何ですか?

居住用の土地に比べ固定資産税が6倍近く上がるデメリットがありますが、投資資金が少ない上に経営が直ちに開始でき、将来の他事業への転用や売却もスムーズにできます。
弊社の入居者募集業務賃貸管理業務の併用により、一切の煩わしいオーナー業務も不要です。

◆借家、マンション等を建ててみては如何ですか?

初期投資コストが高くつきますが、節税対策に大きな力を発揮します。間取り、家賃設定、資金繰りや建築業者の紹介から入居者の斡旋、物件管理まで弊社で対応可能です。

◆等価交換をされては如何ですか?

お客様が所有する土地を出資して、その土地にデベロッパーが建物を建設し、建物が完成した後に、土地所有者とデベロッパーが出資比率に応じた割合で土地建物を取得する方式。土地所有者は土地の現物出資で建物(自宅・店舗・マンション)を取得できますが、土地は共有名義となります。

田舎の不動産を所有されている方

◆田舎の土地・建物を、売却又は貸されては如何ですか?

田舎生活に興味を持つお客様が最近増えてきました。思い切って田舎の不動産を売却し、近隣の収益不動産に乗り換えるのも得策です。

共有名義の不動産を所有されている方

◆権利者全員との交渉が解決の第一歩です。

共有名義とは、複数の人が資金を出し合って不動産を購入する、又は相続等により共有で持つ事を言い、登記簿に氏名と持ち分が明記されます。共有名義は購入時の資金繰りや住宅ローン控除、将来の相続、贈与で得をすることがありますが、一旦共有者同士で対立、又は意見の食い違いがでた場合、全員の同意を得るまでは売却や賃貸、建て替えができません。俗に言う、塩漬け物件となります。

弊社では、不動産仲介や不動産管理の他に、不動産の空地・空家の有効活用、遠方の不動産・共有名義の不動産の取扱いに熟知した専門スタッフがいます。どんなに小さな土地、どんなに古い家でも利用方法は必ずあります。依頼者の利益と秘密厳守を第一に、当社オリジナルの秘蔵テクニックを伝授致します。不動産の売買、又は賃貸の仲介が起きるまで手数料はかかりませんので、ご相談は完全無料です。
一人で悩んでいても始まりません。お気軽にお尋ね下さい。

ページトップへ