HOME>不動産ご購入までの流れ

ご購入までの流れ

東住吉区、平野区、阿倍野区、天王寺区、住吉区等、大阪での物件ご購入は弊社にお任せ下さい!

1.ご購入の相談

ご購入の相談イラスト

住まいの購入は、人生最大の買物とも言えます。それだけに、条件が良く、納得のゆく物件を購入したいものです。その為には、信頼できる不動産会社の選択が、失敗しない買物の第一歩と言えます。ワンダーホームでは、不動産売買の専門スタッフが、お客様にとって最適の購入方法やオプションをご提案させて頂きます。

2.資金計画を組む

資金計画を組むイラスト

住まいの購入には、自己資金や物件価格を把握し、無理のないローン計画を組む必要があります。弊社では、ご購入に必要な諸経費やローンの返済計画など、お客様に適したプランをご提案いたします。

ご購入に必要な資金の図

毎月の返済可能な金額に基づき、住宅ローンの借入れ金額を算出します。その金額に自己資金を加えてから、諸経費を引いた金額が、購入可能な物件価格となります。返済方法・金利・期間・変動固定金利など、お客様に最適な金融機関のプランをご提案させて頂きます。

●購入時に必要な諸経費・用意する物⇒諸経費・必要書類
(売買契約の締結から物件の引渡しまでに必要となる諸経費と用意する物を、順に記載しておりますのでご参照下さい。)

3.物件を探す

物件を探すイラスト

お客様のご希望をお話下さい。ニーズにピッタリの物件を、弊社の売買専任チームがお探しいたします。
弊社のホームページでは、最新の物件を多数検索する事ができますのでお試し下さい。

 

一戸建て検索

土地検索

マンション検索

事業用検索

4.現地語見学・ご相談

現地ご見学・ご相談イラスト

気に入った物件が見つかれば、弊社専任スタッフが、お客様のご希望に合わせ現地を案内させて頂きます。写真や間取で分かりにくい周辺環境や物件の雰囲気を、現地で体感して下さい。弊社スタッフが、その物件の長所と短所を説明しますので、遠慮なくご質問下さい。

 

■現地でのチェック事項

□物件の周辺環境(環境問題・騒音・悪臭・廃液等危険謙悪施設や建物がないか?)

□交通機関(駅までの所要時間、始発・最終の時間や混雑状況)

□前面の道路状況(私道・公道、幅員、接面、交通量)

□隣接地との状況、街並み

□日照・採光、風通し

□公共施設への利便性(学校施設・公園施設・医療施設等)

□スーパー・商店街・コンビニへの利便性

□駐車場・駐輪場の有無

□建物内・外装のひび割れや汚れ

□部屋数や収納の使いやすさ

□ドア・襖の開き具合、畳・床のきしみ

□雨漏り・腐食・白蟻被害の状況

□水まわり設備の状況

□リフォーム費用に大金が必要?近い将来に大規模な改装が必要?

5.融資の事前相談・審査

融資の事前相談・審査

「融資が断られた!」「満額の融資が下りない!!」などの事態になれば、契約後に大慌てとなります。このような事態にならないよう、契約前に事前審査を申請します。
融資には大きく分けて公的融資民間融資があります。また、その他、融資としてお勤め先で、住宅取得を目的とした融資制度を設けている場合があります。融資条件は、企業により異なりますので、詳しくはお勤め先の担当者にご確認下さい。

6.不動産売買契約

不動産売買契約イラスト

ご購入されたい物件が決まり、融資の事前審査を終えましたら、下記手順で契約を進めていきます。

 

1.購入申込書(買付証明書)を売主様に提出します。買主様のご希望の価格や支払方法、引渡時期等の諸条件を売主様に伝えます。

2.買主様のご希望条件と、売主様の希望を調整します。

3.双方納得した上で、重要事項の説明と不動産売買契約書の締結となります。契約後のトラブルを防ぐ為、不明な点 は必ずその場で確認頂き、口頭での約束は避け、書面で内容を確認するようにして下さい。

 

・重要事項説明とは、物件についての重要な事項を説明する事です。仲介を行なった宅建業者の宅地建物取引主任者が説明を行ないます。重要事項説明書には、登記簿に記載の権利関係・物件概要・代金授受の方法・契約解除時の規約等が記載されています。

・不動産売買契約書は、契約当事者の権利や義務、及び取引内容を明確にする事で、安全で確実な売買の成立を目的とします。不動産売買契約の締結は、契約書に記載された内容に基づいて、双方の権利や義務を履行することになります。

不動産売買契約の図

融資申込み・金銭消費貸借契約(ローン契約)

融資申込み・金銭消費貸借契約(ローン契約)イラスト

事前審査を終えた金融機関に、売買契約書の本紙を添えて、正式な融資の申込みをします。弊社専任スタッフが、申込みのお手伝いをさせて頂きます。申込みから1〜3週間程度で、金融機関から融資承諾の連絡がありますので、融資実行日までに金融機関と金銭消費貸借契約を結びます。
●ローン契約時に必要な諸経費・用意する物⇒諸経費・必要書類をご覧下さい。

ご購入前の最終確認

ご購入前の最終確認イラスト

物件が引渡し可能な状態であるか、又契約時と状況が違っていないか、買主様と売主様が仲介会社の立会いのもと、最終確認をします。物件状況報告書の内容と現状が同じであるか、備品・設備等の確認、隣地との境界確認などをします。新築物件の場合、内覧会にて建物内部を確認頂きます。

残代金支払い・物件の引渡し

残代金支払い・物件の引渡しイラスト

融資が実行されましたら、売主様に残代金の支払いをします。これと同時に、諸手続きと、物件の引渡しをします。この取引終了までの手続きを、弊社専任スタッフが、責任を持ってお手伝いさせて頂きます。

 

・ローン諸費用の支払と保険の加入

ローン諸費用(ローン事務手数料・ローン保証料)を金融機関に支払い、保険(火災保険料・団体信用生命保険料など)に加入頂きます。

 

・残代金の支払

手付金(中間金)を差引いた、売買代金の残額を支払います。

 

・登記申請

司法書士に必要書類を渡し、登記の申請を依頼します。登記にかかる費用として、司法書士に支払う登録手数料
と、所有権移転登記・抵当権設定登記・表示変更登記等の登録免許税が必要となります。1週間前後で、登記済権 利書を司法書士から受取りますので、大切に保管下さい。

 

・固定資産税・都市計画税の精算

固定資産税・都市計画税・管理費等を、物件引渡し日を基準に、売主様と買主様で清算します。

 

・関係書類の受取り

設計図書・管理規約・付帯設備の取扱説明書など、売主様が所有する関係書類を受取ります。

 

・鍵の受取り

売主様より鍵を受け取る時、物件引渡確認書も取交わします。

 

・仲介手数料の支払

●残代金支払い・物件の引渡し時に必要な諸経費・用意する物⇒諸経費・必要書類

お引越し

お引越しイラスト

引越しに伴い、住民票の移動、各機関への住所変更の届出を行なう必要があります。電気・水道・ガス・電話・市区帳町村役所・金融機関・学校・自動車・バイク・免許証等各種資格。
リフォームの請負、引越し業者の紹介もご要望に応じ紹介させて頂きます。

ページトップへ